技術士第二次試験個別指導講座(口頭試験)

合格パターンの指導で、口頭試験をクリアするための勝ちパターンを伝授!

筆記試験に合格すれば、次は口頭試験が待っています。自分自身の答案、経歴から予想される質問を想定し、対面による模擬口頭試験と電話による模擬口頭試験を繰り返し実施し、合格のための勝ちパターンテクニックを指導します。

筆記試験合格おめでとうございます!
10/29より申込み開始です

まずは、あなたの受験申込書(業務経歴、720字の記述)、復元答案を送ってください。
“あなただけの口頭対策、想定質問”
を講師があなたとともに考えます。
対面による模擬口頭試験だけでなく、
口頭試験当日まで電話やメールでの質疑応答、
電話による模擬口頭試験も繰り返し実施し、
責任をもって指導いたします。
そんな講座にご興味のある方はそのまま最後までお読み下さい。

個別指導付き講座のご案内

どんな人が口頭試験に落ちるのか

  • 業務経歴、業務体験記述について対策をねらない人
  • 復元答案について対策をねらない人
  • 口頭試験の準備が不十分な人
  • 技術士に不適格と思われる人
  • 緊張しすぎてきちんと回答できない人
  • 試験官と(応答の)キャッチボールができない人

つまり準備が不十分な場合と人格に問題があるとみなされた場合です。

残念ながら十分な準備なしに簡単に合格することはできません

では、どんな準備が必要なのか?
あなたもおわかりのように、口頭試験の対策は次のステップとなります。

●ステップ1

自分自身の答案、経歴から予想される質問を抽出し、また、毎年のようになされている一般的な質問を調査し、想定質問集を作成する。

●ステップ2

想定質問に対する回答を準備する。

●ステップ3

誰かに試験官役をやってもらい、模擬口頭試験を繰り返し実施する。

このステップ1~2をやればかなりの確率で合格できるはずです。
ここまで読んでみて、「去年や最近は、どんな質問内容が多いんだろう?」とか「経験の質問対策はできたけど、技術士法とかの質問はどんなことが聞かれるんだ?知らない質問をされたらどうしよう・・・・・」などという不安も抱えられているのではないでしょうか。

唯一の不安

実際にあなたが感じているように、論文やあなたの専門性に関する質問では、突っ込まれたくない質問をされてしまったり、倫理や、技術士制度の質問でも聞いたことのないような語句を問われてしまうことも現実として知っておかなくてはなりません。

あなたは十分承知していると思いますが、それなりに、倫理や技術士制度についても勉強しておかなくてはなりません。

また、経験論文の想定質問に対する回答の作り方にも合格できるコツというものがあります。

何の作戦もなく、漠然と、想定質問問答集を作成しているだけでは、思わぬ口頭試験のワナにひっかかる場合があります。

経験論文に関する質問は決まりきったものも多くあります。

例えば、苦労した点、補足事項はありますか、などなど。

また、経歴に対する質問でも「あなたの経歴を述べてください」、という典型的な質問がなされます。

そんな単純な質問についても、合格できる人と、
不合格になってしまう人には回答方法に大きな違いがあるのです。

あなたが試験に対して、不安を持っているとすれば、まだ見ぬこの口頭試験の実態が把握できていないからではないでしょうか?

家庭教師のような存在

当社では合格パターンの回答方法を教えています。
今年も口頭試験講座を実施します。

あなたが、口頭試験に向けて、この勝ちパターンのテクニックを使っていないとしたら、あなたは非常に損をしてしまいます。

確実に自分を合格に導いていく、試験官とのやりとりにおけるテクニックというものが存在します。

是非、そのテクニックを使いながら口頭試験の準備をしていただき、本番でも実践していただきたいと思います。

この内容はおそらく他の参考書等では得られないものです。
当社では人の心理や大脳生理学、人間の行動パターンなどを学んで、試験官にいかに対応するかを研究しています。

毎年受講生が一様に納得される内容となっています。

さて、気になるセミナーの内容は上記のような試験官とのやりとりを自分が合格できるようにコントロールするテクニックや、倫理に関する質問、技術士制度、技術士法の知識に関する質問、などを解説します。

また、個別の口頭模擬試験も20分間みっちりと本番の形式で実施します。

とてもよい経験になると思います。

技術士第二次試験(建設部門)口頭試験対策講座

内容・プログラム
【音声教材、テキスト】

あなたが、この音声教材(1時間48分)、テキストで得られる内容は

  • 口頭試験の形式とは?
  • 口頭試験で質問される内容とは?
    (業務経歴、経験、専門性、技術者倫理、その他について)
  • 近年の質問内容の傾向とは?
  • 質問が予想される時事的なテーマとその回答内容とは?
  • 合格者による実際の口頭試験再現集
  • 試験官に好印象を与えるテクニックとは?
  • 合格するための質問コントロール法とは?
  • 合格できる想定質問の作り方とは?
  • 口頭試験必勝法!自分に有利な展開に持込む方法とは?
  • 試験官をまえにしても絶対に緊張しない心構えとは?
  • どうすれば試験に対する恐怖、不安を取り除くことができるのか?
    その考え方、心の持ち方、トレーニング方法とは?
  • 2013~2018年度の合格者体験記で最新の口頭試験形態、傾向がわかる!
【模擬口頭試験】

個室で本番形式のもと、試験を実施します。
試験時間20分間×1回+講評質疑応答25分間(合計45分)
東京or大阪会場で実施します。
やむを得ず会場に来られない方は電話(orスカイプ)模擬試験で対応します。

開催日時
東京会場
日時:11月23日(土) (45分間:模擬口頭試験20分+講評25分)
場所:東京都内の会場
(会場地図、時間帯については、お申込み受付後にご連絡します)
大阪会場
日時:11月24日(日) (45分間:模擬口頭試験20分+講評25分)
場所:大阪市内の会場
(会場地図、時間帯については、お申込み受付後にご連絡します)

※来場が難しい方は、電話もしくはスカイプにて対応致します。お申込み後、日程を調整いたします。
受講料 77,000円(税込)
受講料は銀行振込みです。
受講特典 ●受講特典(総額130,000円相当)
特典1 想定質問の抽出(50,000円相当)
筆記試験の復元論文(選択科目:課題解決能力に関する答案)、および720字業務体験記述を読み、講師が想定質問を抽出します。

特典2 メール相談(20,000円相当)
口頭試験について不安なこと、わからないことなど、いつでもメール相談に応じます。

特典3 電話での模擬口頭試験3回(60,000円相当)
試験当日の雰囲気に慣れるため、電話またはスカイプによる模擬口頭試験を3回受講していただけます。
備考 指導期間は、当該年度の口頭試験日まで。
電話、スカイプは受講生様からおかけいただきます。

技術士第二次試験(総合技術監理部門)口頭試験対策講座

内容・プログラム

建設部門と同様

開催日時
東京会場
日時:11月23日(土) (45分間:模擬口頭試験20分+講評25分)
場所:東京都内の会場
(会場地図、時間帯については、お申込み受付後にご連絡します)
大阪会場
日時:11月24日(日) (45分間:模擬口頭試験20分+講評25分)
場所:大阪市内の会場
(会場地図、時間帯については、お申込み受付後にご連絡します)

※来場が難しい方は、電話もしくはスカイプにて対応致します。お申込み後、日程を調整いたします。
受講料 77,000円(税込)
受講料は銀行振込みです。
備考 指導期間はお申込み時から試験当日まで

人材育成のランパス

株式会社ランパス 
〒565-0874 大阪府吹田市古江台3-5-2-903 
TEL.06-7501-6336/FAX.06-7501-6967

ページトップへ